庭、ガーデンリフォーム、外構工事の施工例

プラスジーとウォールでさりげなく目隠し 白井市I邸

ご新築後、庭のリフォームをお考えだったI邸。人目を気にせずくつろげるプライバシーを尊重したガーデンスペースをとのご希望でした。そこでお庭全体を3つにゾーン分け。まずは開放的な雰囲気の+G(プラスジー)とウッドデッキのスペース、そしてウォールや飾り格子で周囲を囲んだタイルテラスのスペイン風パティオ、最後に勝手口側は機能性を重視したストックヤードに。さりげなく設置した採光や屋根などもお庭に合わせてオリジナルで加工しています。建物からの導線やお庭の使い方、周囲からの見え方を考えつつ、植栽も含めて自然でナチュラルな雰囲気にデザインしています。こちらは今年度「東洋エクステリア主催の第31回エクステリア施工コンクール(応募総数5498作品)」のガーデン部門にて銀賞を受賞しています。

ガーデンデザイン施工例 白井市I邸

=タイルテラスのパティオがある庭=

1.オープンスペースには人工木材のウッドデッキと「+G(プラスジー)」 を設置。屋根、日除けはもちろん、半透明のパネルスクリーンや飾り格子で光を取り入れつつ周囲からの視線をカット。正面側はウリンの角材を立てて自然な目隠しに。パティオ側へのアプローチには天然石を敷き詰め、豊富な下草類で彩っています。

2.中庭のパティオゾーンは「スカイエールウォール」と柿渋カラーのプラスGの飾り格子で四方を囲ってクローズ気味にしっかりと目隠し。ただ暗くならないように床材は全面ホワイトタイルのテラスに。使い勝手の良い打ちっ放しタイプの立水栓はタイルに埋め込んでいます。ウォールの周囲はハクチョウゲ、、ビバーナムなどの常緑の低木を中心に豊富な緑を添えています。

3.勝手口の周辺は毎日頻繁に出入りする事を考えて、目隠しはもちろん、雨除けの屋根、お掃除しやすいように床はコンクリート仕上げに。またこちら側にも外部への出入り口と門扉を設置しています。また、ライトはウォール上部からのトップライトの他、植栽やガーデンルームの足元にさりげなく設置。周囲には季節の草花を添えています。

  • ガーデンリフォーム施工前

    ガーデンリフォーム前の外観。植栽がうっそうとした雰囲気だった庭はプライバシーを確保しつつ、明るく、使い易い庭へとリ・ガーデン。

  • ガーデンリフォーム施工後の外観

    ガーデンリフォーム後の外観。既存のコーナー石材の奥にはウリン角柱の目隠しが。向かって左手はホワイトウォールとプラスGの飾格子でプライバシーに配慮した中庭エリア。

  • ホワイトのテラスの中庭

    デッキとプラスGのエリアを抜けた奥にあるプライベートゾーンのパティオ。既存の生垣やホワイトウォール、プラスGで囲まれたプライバシー万全の中庭。真っ白なタイルテラスを中心に至る所に常緑を中心とした繊細な低木類や草花が。もちろんナイトガーデンを楽しむための上下からのライトや立水栓など、他のディテールにも凝っています。

  • サンクテラスとサニーブリーズフェンスのサービスヤード

    テラスの奥にある勝手口のサービスヤード。雨が降っても大丈夫なようにサンクテラスの屋根を設置。外への出入り用の門扉や隣家側には目隠しのサニーブリーズフェンスを設置。上側は採光タイプを選んで明るく。

  • ウリン柱と下草で覆われた天然石のアプローチ

    常緑樹を中心とした下草で覆われた自然石のアプローチ。この先には使い勝手抜群の人工木材ウッドデッキとプラスGを設置した明るいオープンガーデンエリアへ。

  • ホワイトウォールとプラスG

    スカイエールウォールとプラスGの飾り格子を組み合わせた目隠し。白と柿渋カラーでコントラストを。根元や隙間は様々な樹木や低木類で彩っています。

常緑樹を中心とした下草と照明

テラスを彩る植栽と照明類。常緑樹が中心なので、ローメンテナンスで冬でも美しいです。