庭、ガーデンリフォーム、外構工事の施工例

緑が眩しいデッキガーデン 我孫子市M邸

ご新築の外構工事に合わせて、お庭もトータルにコーディネートさせていただいたM邸。シンプルモダンな外構と対照的に、お庭は緑溢れるナチュラルなスタイルがご希望との事。小さなお子様がいらっしゃる事を考慮して、人工木材のウッドデッキ「樹の木V」をメインに、アプローチ、芝生や植栽類と思いきり遊べて、使い易いお庭をご提案しました。ポイントは外構との統一感。物置までのアプローチには外構との同じようなサーモンベージュ系のカラーを使用するなど、さりげなく調和するようにしています。こちらはお庭部分のご紹介で、外構の方「木調のアクセントでモダンな門袖周り 我孫子市M邸」はこちらからご覧になれます。2013年度のLIXIL施工コンクール 自然浴エクステリア部門の入賞作品です

緑が眩しいウッドデッキメインのお庭

=外構との統一感を大事に=

1.2つの掃き出し窓に沿うようにLIXILの人工木材ウッドデッキ「樹の木V」を設置。庭側に向けて広々としたリードデッキのステップを設置。デッキの周囲には転落防止用にフェンスを。こちらは建物の外観に合わせてモダンなスタイルの手すりをセレクト。デッキ下は雑草対策で防草シートと砂利敷きに。

2.リードデッキのステップ脇は植栽スペースに。デッキの足元を隠すようにグルッと常緑樹のハクチョウゲで覆っています。

3.デッキの反対側には大きめの物置を設置して色々な荷物を収納できるように。カラーは違和感が無いようにナチュラルカラーのオリーブグリーンを選択。

4.車庫側とウッドデッキから物置を繋ぐようにサーモンベージュの舗装材を敷きつめて機能的に。舗装材のカラーは外構のアプローチと色合わせして調和するように。

5.その他の部分は芝生敷きに。ただし、デッキ前のハクチョウゲとの間にはエッジ材を入れて芝生が広がらないように配慮。シンボルツリーにはシマトネリコを

  • 施工前、デッキの下地の状態。

    ご新築で外構工事が終わったばかりの施工前。もちろん土のみの状態。

  • 施工後のお庭の全景

    外構と統一しつつ、ナチュラルな雰囲気にして欲しいとのご依頼だったお庭部分。ご要望通り、緑が眩しい明るく、開放的な空間に。お子様達も思い切って遊べます!!

  • 物置側へのアプローチ

    アプローチ側からの庭全景。ウッドデッキと植栽、舗装がバランス良く組み合わされています。車庫側からウッドデッキ、物置へと繋がるアプローチにはサーモンベージュの舗装材を敷き詰めて機能的に。芝生の緑との対比がとても鮮やかです。

  • サーモンベージュの舗装材と植栽、芝、エッジ

    ウッドデッキと芝生の間に植えた低木のハクチョウゲ。かわいい白花と常緑の緑が控えめにデッキの足元を彩ります。また、芝生と植栽の間にはスペースを区切るエッジを入れてフォルムが崩れないようにしています。

  • グリーンの日除けとデッキ

    正面から見たウッドデッキ。右側の日除けはお施主様がご用意されたもの。手すりに引っかけて上手く陽射しを遮るように工夫されています。

  • オリーブグリーンの物置

    /隣家側から見た物置やアプローチ。雨の日でも足元が汚れないように配慮しています。

こちらの外構バージョン木調のアクセントでモダンな門袖周り 我孫子市M邸人工木ウッドデッキ「樹の木V」はこちらから