庭、ガーデンリフォーム、外構工事の施工例

防犯性を考えたクローズ外構 千葉県松戸市K邸

ご新築の建物に調和した外構をご希望だったK様。前面の道路がかなり交通量が激しい事もあり、防犯性や周囲からの目線を考えて家周りを壁やフェンスで覆うクローズスタイルに。車庫側にはカーゲートを、その他の部分は壁や門扉で覆ってプライバシーを確保。その分ウォールや門扉などは外壁と同じカラーを使用して、ナチュラルで落ち着いた雰囲気にしています。基本的にベージュや柿渋などの自然色で統一し壁による圧迫感を軽減。柔らかく落ち着いた雰囲気になるように仕上げています。

外構工事施工 松戸市K邸

=ナチュラルスタイルの落ち着いた外観=

1.門袖はシンプルなベージュのウォール仕上げ。ただ、門扉に合わせて、一部をRにしたり、段差を付けて間にウリン材の柱を入れたり、穴あきブロックを入れたりとバラエティーに飛んだフォルムに。全体的に建物外観の雰囲気に合わせてベーシックで落ち着いたランドスケープに。門扉とフェンスはモダンな柿渋カラーの製品で統一。アプローチにはナチュラルカラーのレンガを敷き詰めています。また、同じレンガでミニ花壇を設置。殺風景にならないように緑のスペースを確保しています。

2.車庫もアプローチと同じレンガを前面に敷き詰め、残りはコンクリートと芝でお化粧しています。カーゲートも他の部分に合わせて柿渋とステンカラーの組み合わせの製品をセレクト。

3.アプローチから庭側へも同じレンガを敷き詰め両サイドには植栽のスペースを取っています。

  • 施工前写真

    施工前の写真。交通量が多い通りにあるので、防犯性や安全面を考えてクローズ外構にする事に。

  • 施工後写真

    施工後の写真。ウォールや門扉、車庫のゲートなどで簡単に他人が立ち入れないように。ただし、閉鎖的な感じや窮屈な感じにならないようにナチュラルカラーで統一してやさしい風合いをプラス。もちろん建物との調和はバッチリです。

  • 門周りとレンガのアプローチ

    淡いベージュをベースにアクセントカラーでメリハリを付けた門周り。玄関へのアプローチや道路に沿った隙間の花壇スペースにはレンガを使用。お庭側の雰囲気と合わせています。

  • 門扉、フェンスとも同じ素材で統一感を

    建物のアクセントカラーの柿渋で統一したフェンスと門扉。シンプルなベージュ系のウォールに鮮やかなアクセントを付け加えています。緩やかなRを描いたカーブの内側にはシンボルツリーが入る予定。

ウォールの隙間のウリン材とレンガのアプローチ

壁と壁を繋ぐウリン材の柱。足元には季節の草花を植えて道行く人の目を楽しませてくれます。門扉の内側はお庭へと繋がるレンガのアプローチに。